親子関係SMILEクラス

アドラー心理学ベースのよりよい親子関係(対人関係)学ぶ講座

 

SMILE講座とは

 

アドラー心理学をベースとした親子関係(全ての人間関係)をよりよく築くための8章からなる学びです。

1982年からすでに6万人以上の方が学んでいます。理論とワークでとにかく実践的な学びが特徴です。

 

子ども、パートナー、親、自分自身、友人、趣味、学校、仕事場などすべての人間関係をより良くしたいと考える方なら年齢関係なくどなたでも学ぶことができます。

 

1章 不適切な行動をし続けるのはなぜか

2章 聴き上手になる

3章 勇気づけをしよう

4章 誰の課題なのか

5章 意見を伝え方

6章 体験を通じて学ぶ

7章 新しい家族のあり方

8章 社会性のある人に育てよう

 

 

私は8年前に SMILEの学びに出会った時、本当に救われました。

思春期の子ども達を前に途方に暮れていた時です。楽しく過ごしたいのに、笑いあい助け合う家族になりたいのに、、、怒ってばかりの自分と不機嫌になる周り。どんどん楽しくなくなる家の雰囲気。

 

困って困って、自分でいくら頑張ってもできないのなら、持っていない考えを学ばないと出来ないのだと考えました。子育て人間関係について学びにいくことを決意したときに出会った学びです。  

 

SMILEの学びに、人との関係は考え方でこんなにも分かりやすく理解できるのか、と驚きました。自分のあり方の整理の仕方がわかり軽くなりました。そして学びは人としてどうありたいのかの羅針盤となりました。

 

簡単に実践できるかというとそんなことはありません。筋トレをするように使っていなかった筋肉を動かすように練習が必要です。今だに筋トレ中の日々です。上手くいかない日があっても、どうありたいか目指す方向が分かっているというのは素晴らしいことです。

 

知らない学びと出会いは驚きがあり、自分の考え方の枠を広げます。それは、自分の選択肢が増えるということでもあります。自分の考えに選択肢がある人生の方が豊かだと実感しています。

 

SMILEリーダーとなり、自分自身との関係、人との関係の羅針盤となる学びを伝えていけることは本当に嬉しいことです。私と同じようにこの学びがあればより豊かな人生を送れる方がいると信じています。

私もリーダーを務めながら共に学び続けています。一緒に学びませんか。

 

 

SMILEリーダー、ELMトレーナー

エミー(池田恵美)

 

 


 

次回は2021年春から

スタジオで集合型で3日間で学ぶ予定です

 

〜 参加してくださった方のお声 〜

 

=3日間のスタジオ参加型で受講されました=

 


Hiro hikoさん 40代 女性  (小学生、中学生のお子さん)

 

スマイルの学びは楽しかったです。学べるチャンスがあったことに感謝しています。今まで生きてきた中で一番内容の濃い、頭のなかにスーッと入ってきた最高の学びでした。

正直もっと前に知りたかったです。ただ、今だから最高の学びができたと感じることができたとも思っています。

 

子に対し勉強ができて、身の回りの整理整頓ができて、良い友達がいて、問題のない子で周りからも「いい子だねぇ」と言われる子になって欲しいと思っていました。常にどんな行動を起こすかチェックしていましたが、学びを進める中で子の行動を見守ることができるようになり、どうにかなるものだということが分かりました。

 

親だから、大人だからちゃんとしないといけないと思っていましたが、「わからないことは分からない」「できないことはできない」と正直に言っていい。親、子、小さい大きい関係なく人は対等なんだと気づきました。

  

まだまだ不安はありますが、心から信頼安心できる関係を作りたいと思うようになりました。少しずつ見守れるように、勇気つける言葉がかけられるように練習していきたい思います。

怒りからは何もよいことは生まれない。勇気づけしてもらうと嬉しい気持ちになるという気づきと経験をさせてもらいました。この先学びを生かして迷いながらも実践し、さらに学んでいきたいです。

 


 

Tomokoさん 50代 女性 (成人したお子さん)

 

もっと早く知りたかった!学びは本当に楽しく、いろいろなことに気づきびっくりした。

自分の本音を言える安心できる場でもありました。

 

子との向き合い方に迷い参加しましたが、今は子を信頼して向き合うこと存在がありがたいと感じるようになりました。人にだけでなく自分を勇気づけることの大切さも知りました。

 

学びが進むにつれ、他人に対しても自分に対しても怒りやイライラの感情が少なくなっていくことにびっくりしました。

 

SMILEを学んでいる間に大きく勇気をくじかれることあり、思考が停止し悲しみと自己否定になり行動を起こすエネルギーが枯渇した日を経験しました。勇気をくじくとは、人の尊厳を砕く恐ろしいものだということを身をもって実感しました。もしこれを子にしていたら?と考えたとき人は簡単に人の心を殺せるということに気が付きました。

そして、その対極にある勇気づけがどれほど素晴らしいかも経験しました。

これからも学び体験していきたいと思います。

 


Kさん 30代 女性 

 

以前からタボラータに行くと、料理に対する感動だけではない安心感や心が落ち着く何かがあり、どんな私もありのままに受け止めてくれる心から元気をもらえる場でしたが、SMILEがその源の一つなのだと感じました。

 

共に学んだメンバーから勇気づけの言葉をもらい涙が溢れ、ありのままの自分がそのように映ったことが嬉しく、よりそんな自分でありたいと感じ、これが勇気づけの力なのだ!と実感しました。

 

職業柄勇気づけは自然に身についている部分もあるとは思いつつ、身近な人にはできずにいました。

学びの中で身近な人であるほど人間関係は難しいということも知りました。

 

夫に対し不満を常に抱いていましたが、私基準でこうあるべきと押し付けていたということに気づきました。自分が夫の勇気をくじきをしていました。別の見方、考え方があると学び、注目の仕方も伝え方も変えられることを知りました。

 

学びは正直難しく、今も理解しているようで行動に移せない自分がいますが、それでもSMILEの学びを生かしながら夫婦仲をよりよいものにしていきたいと感じています。

 


タボラータLOVEさん 40代 女性 (高校生のお子さん)

 

もっと早く知っていたら、自分を勇気けれられていたら、家族を勇気づけられていたら、さらに楽しい毎日だったはず。

 

学びを進め、自分と相手の区別が具体的にわかりました。その区別をした上で相手に寄り添うことの素晴らしさを知しました。その結果、自分がより幸せになると感じることも分かりました。

 

気付いたら怒りやイライラすることがなくなり、そのことすら忘れてます。

以前は腹が立つことが起こった時、腹を立てる自分はダメだと思っていたのに、今はその腹を立てる感情にOKを出せる自分になっていることに驚きます。

 

学びの中で、幸福の3つの条件に出会いました。3つはそれぞれ別のものだと思っていたので3つでということに驚きました。これまで自分を好きになれば幸せだと考えていたからです。3つが揃って幸せの条件ならば、働くことも、生きていくことも幸せなのだと気づきました。そして、幸せとは喜怒哀楽そのものでとても大切な事というこにも気づきました。自分の存在が自分を勇気づけ、他者を勇気づけ、勇気づけられ、人は愛のつながりをするんだということに。

 


いーさん 50代男性 (高校生のお子さん)

 

妻の勧めがあり、コミュニケーションを磨き業務を円滑に進めること、またコミュニケーション力という点で社内No1と認知されたいために受講を決めました。

 

学んでの変化は3つあります。

1つは、親としての自分が非常に甘かったです。子どもの課題は子どもの課題として自分で解決できるように勇気づけすることが親の役目であることがわかりました。

 

2つ目は、自分の感情を因数分解してみることで、冷静になれる自分、客観視できる自分を見つけることができました。

 

3つ目は、自分で自分を勇気づける重要性を理解しました。ひいては相手を勇気づけられることと、何より自分自身の自信につながることを感じています。

 

通してSMILEで学ぶことは多く非常に参考になりました。

親子関係の講座であり最初は戸惑いましたが、親子関係を見直すきっかけになりました。もちろん当初の目的である業務に活かしたいという要望は十分かなえることができました。

 

 

 

 


Kさん 40代 女性 (幼稚園のお子さん)

 

子どもが自己肯定感や自己信頼関感を育んで行って欲しい、自立的に自分を豊かにする生き方をして欲しいと考えていて、どう子どもに接していけば良いのか学ぶために受講しました。

 

子どもに対してということではなく人間関係において、伝える大切さと伝え方を具体的に学び、自分から発信し対話していく意識ができるようになりました。

 

また、学びを通して自分の中に絡まっている感情があることに気が付きました。その感情をケアし自分を勇気づけする大切さを学びました。

 

 

子育てに関しては、声かけで子どもの笑顔が増えるようになり、子どもが自分で幸せになっていける方向が見えるようになりました。

 

SMILEの学びは通して雰囲気が明るく楽しくエネルギーが湧くものでした。