2019年2月のマンマクラス

冬野菜を食べる

 

冬の野菜 「カリフラワー」「ブロッコリー」「カブ」「にんじん」をシンプルに野菜の力で味合う

 

 

素材の野菜が主役、シンプルに料理します。旬の野菜の美味しさをイタリア的に紹介します。

 

それぞれの野菜について
 選び方、保存、栄養、使い方
★料理
 茹でる(野菜の香りが立つ、甘みを出す茹で方と蒸し方)
 冬野菜に合うソース

  焼く(フライパン、グリルやオーブンでうま味を凝縮させる)

  スープ(カブとカリフラワーの白いスープ)

  グラティネ(ホワイトソースやパルミッジャーのと共に野菜をグリルする)

 

  8品程度

 
 
雑穀甘酒ヨーグルト(Dr.南雲吉則による甘酒酵素水)
  機能も味も揃った女子への応援最強ドリンク!ウエルカムドリンクとしてお出ししています。
  玄米と雑穀を麹と乳酸菌でヨーグルトにしたドリンクです。
  多くの乳酸菌が生きたまま腸に届きやすく菌体成分は免疫機能を活性化します。
  麹菌の生み出す美肌、疲労回復効果、そしてポリフェノールが抗酸化力を高めてくれるパワードリンクです。
 イタリア産古代小麦のパン
  現代の小麦は品種改良を重ね私達のカラダに大きな負担をかけることが分かってきました。
  代替えとしてグルテンフリーの品もありますが、元々の原種小麦は消化がよくカラダに負担をかけないもの。
  古代小麦としてスペルト小麦が知られていますが、更に最古原種と言われているのがヒトツブコムギです。
  このような原種が残っているところがイタリアらしく、北イタリアで育てられた臼挽きの最高級品です。
  味わい深く栄養価も高い消化の良い小麦のパンです。日本では入手が難しいイタリアの上質なスペルト小麦と
  ヒトツブコムギの2種類の小麦粉を使い18時間以上の長時間発酵でパンを作っています。
  消化がよく小麦の香りも味も風味良く存在感のあるパンを楽しんでください。
  
 糖質ジェラート
  ジェラートには強いこだわりを持っているタボラータですが、現在、底糖質のジェラートをお出ししています。
  糖質負担の少ないジェラートはカラダに優しく心地よく、食事の最後に豊かさを届けてくれます。
  
 イタリアのカフェ または ハーブティー
  最後の締めはカフェです。北イタリアのトリノのバールで使用されている豆を使っています。
  挽きたての豆で淹れるイタリアバールの味と香りを楽しんでください。
  このカフェが飲みたくて!と言う生徒さんも多く、カフェタイムになると「いつもの!」と馴染みのバールで
  注文するかのような声が毎回聞こえてきます。
  美味しい!とは言え、最近カフェインの影響を感じ始めた私。
  ハーブティーのご希望もお伺いすることにしました。

日程

 

2019年2月

14日(木)11時〜14時  

16日(土)11時〜14時    

 

持ち物

 エプロン、髪の毛が長い方は髪留め

 

料金

マンマクラス料金 8500円

 ※初めてご参加される方はご予約時に料金の振込みをお願いしております。詳細はご予約返信にていたします。

  2回目以降は当日現金でお支払いください。

 

申込

フォームからお申し込み下さい。こちらからの予約返信がなければ受付できていません。

2日経っても返信がない場合は、お手数でも再度ご連絡ください。

 

キャンセル

キャンセル料金はクラスの1週間前より料金の50%、前日当日は100%かかります。

初回の料金振込ごのキャンセルは、翌月以降のクラスの振り替えの対応となります。