細胞の記憶

筋トレは大嫌い

 

それでも取り組み始めたら

 

なんか湧いて出てきた

 

(写真はナポリの卵城。本文と関係ないけどね)

 

疲れきったカラダをどうにかしたくて

ダンスを踊るのにカッコ良いシェイプになりたくて

 

スタートさせた学び実践肉体改造

 

その中で

運動の大切さも

筋トレの有効さも

学んだ

 

うん

あとは実践

 

有酸素運動はね

ギリギリ取り入れた

散歩ぐらいのレベルで

本当にかろうじて

 

 

問題は筋トレ

ボディシェイプのためにとか

ダンスのために体幹を鍛えるとか

理由はあるはずなのに

 

思い立って

やっても1日

3日坊主にもならない

 

出来ないわけではない

 

20代前半に

毎朝5キロ走り

腹筋100回

背筋100回

その他不気味な運動を

仕事内のことだったから当たり前にできたもの

(どんな仕事だよ)

 

 

でも自分の時間で筋トレは

とっても気持ちがついていかない

 

つまらなさマックスだ

 

 

顔の筋トレだって同じく

やったほうがいいのはわかっているけれど

1回が限度

 

 

でもさ

3日前から

顔の筋トレを始めた

続けて3日!

 

娘たちが揃って

老けた老けた

顔がたるみすぎだって

言う

 

よーく見ると

本当だよ

 

過去3年の写真引っ張り出してきた

 

肌はまあまあいい感じなんだけど

顔全体が下に落ちた感がすごいよね

 

顔が長くなってる

 

 

大元の一番大きな影響はホルモンだってことはわかってる

 (このホルモンの話はまた別の機会に)

 

 

3ヶ月ぐらい前に顔の力を抜くことを学んだんだよね

それはそれですごく良いことだったのだけど

最近力を抜いている時間が多すぎて筋肉落ちたのもあるかな

 

 

にしても

たるみ系の疲れた感のある顔で

健康になりました!とか

セルフケアです!とか

言うんですか〜?!と

説得力ありますか?と

 

状況を理解した私の身体の細胞たちは

みんなで協力しなきゃ!と

顔の筋トレに対して俄然やる気を出してくれた

ありがたい〜

 

 

気持ちが向いてきた

 

調子に乗って 

筋トレ以外の時間にも

にっこり笑顔をキープしてみる

なんて考えて

 

何気なく作業しながら

笑顔してみた

 

するとだよ

 

あれ

私ずっとこうだった

こうやって笑ってた

 

急に湧いて出てきた

 

一人笑顔をする度に

幼い頃とか

若い頃の思い出が

どんどん勝手に湧いてくる

 

よく

悩みごとないでしょとか

 

なんで一人なのに笑っているのとか

 

ヘラヘラ笑ってたら試合に勝てるわけないでしょ

 

とか、言われていた

 

ニコニコ

ヘラヘラ

よく言われた

 

 

そして今 

一人ニコニコする度に

その頃の記憶やら気持ちが出てくる

 

えーーーー!

何だこりゃ

 

最近

細胞は記憶するっていう話を

あちこちから聞く

 

シミとか

痛みとか

新しい細胞になる時にそれも一緒に複製するって

 

私のケースは細胞の記憶って言わないのかも

 

でも、まさしく!って思った

本当は細胞分裂して前の細胞は

とっくに身体の中にいないのに

生まれ変わっているはずの細胞なのに

 

その頃の顔の筋肉の使い方をすることで

その頃の記憶が湧いて出てくる

 

そゆこと!?

 

細胞ね

最近大好きなんだけど

ますます細胞の地位が自分の中で上がりまくり

可愛くなる

 

 

 

一人ニコニコしていると

脳内の色がほんわか明るい感じになる

難しいことを真剣に考えられない

 

そうよね

脳は騙されやすいのよね

笑顔では悩めないのよね

 

私は若いころニコニコしていたから

能天気な感じで過ごせていたのだな

だから真面目に勉学に取り組めなかったんだな

(勝手に納得)

 

ずっとニコニコしている必要はないし

顔の力を抜けることも大切だって学んだし

 

両方自由自在に使えるようになるといいな

 

しかめっ面して

難しいこと考えているなら

笑顔で考えて

 

緊張したこわばりがあるなら

脱力させて

 

顔の形状で

思考が勝手に変わっていくからね

 

もう

使っちゃうよ

 

 

 

 

 

顔筋トレで

どれだけ上がるかなぁ〜

 

ちなみに身体の筋トレは

全然やる気でない

と言うかやる気がない

 

 

細胞がね

納得する理由を見つけないと

協力を得られないよね