ジェラートクラス

1日で集中してジェラート作りを学ぶ

 

ジェラートが大好きで本場のイタリアのジェラートの作り方を学びたい方

体に優しい健康的なジェラートを作りたい方

ご自分のアイデアでジェラートを作ってみたい方

小さなカフェや飲食店で自家製のジェラートをお店で提供したいという方などに向けて

 

ジェラートの考え方や作り方、レシピのアイデア、保存などを集中して1日でお伝えするクラスです。

家庭用のアイスクリームメーカーを使うやり方となります。

 

私がかつてイタリアのジェラートの作り方を学びたくても学ぶ場所がないという現実に驚きました。

いくらレシピ本を見ても作り方の基礎になる考え方は書いてありませんし、レシピをアレンジしても知っているイタリアのジェラートの味とは遠いものになりました。

教わりたくても作り方を教えてくれるクラスを見つけることができませんでした。

 

結局私はイタリアのジェラートマシンメーカーが主催する専門者向けのクラスで学びました。

 

理論や計算式を学び、基本的な考え方がわかったことで、みんなに人気がある定番ジェラートから旬のフルーツを使ったジェラート、いただきものの茶葉を使ったジェラートとその時楽しみたいジェラートを作れるようになりました。

 

学びたくても学ぶ場所がないという方のためにタボラータのジェラートクラス では私の得た情報を惜しみなくお伝えしたいと思います。

 

ジェラートの作り方は個人のものではなく、歴代の職人が作りあげてきたものだと思うからです。

 

レシピ通りに作ってもOK

自分でアレンジする時のポイントもお伝えします

 

 

気軽に美味しく自分なりのこだわりで手作りジェラートを作りたい!

人が集まった時にデザートとして出したい!そんな方にぴったりのクラスです。

 

これまで、ジェラートがただただお好きな方、デザート好きな主婦の方、自分のオリジナルジェラートを作りたい方、施設でジェラートを作り販売したい方、飲食店でアイスクリーム担当の方々がご参加いただいております。

 

座学作り方(完全デモンストレーション)試食のクラスとなります。

 

〜内容〜

イタリアのジェラートについて

 ・歴史

 ・レシピの立て方、考え方

 ・殺菌、管理と温度

使用するマシンについて

 ・ミキサーで作る

 ・家庭用アイスクリームメーカーで作る

 ・小型業務用マシンでのジェラートの試食

 ジェラート

 イタリアジェラート

 ・ミルクベース

  フィオーリディラッテ

  チョコレート

  ペースト系(ピスタチオ、ゴマなど)

  茶葉類(ほうじ茶やハーブティーなど)

  レモンや柚子などの柑橘

・フルーツシャーベット

  フレッシュフルーツの糖度とレシピ計算

  フルーツピューレ、冷凍フルールの使い方

・卵ベースのジェラート

  ラムレーズン

体に優しいジェラート

・ビーガン対応

・血糖値を急激なげない低糖質ジェラートについて

・乳製品を使わないジェラート

・ココナッツミルクを使う

・材料の購入先など

・質問ご相談 など

 

11時〜17時と1日クラスとなりますが、お昼休憩はございません。

休憩を入れながら進めます。試食のジェラートはもちろんですが、お茶、カフェ、古代小麦のパンをご用意いたします。

 

ジェラートは人の笑顔を引き出す力がありますよね

3000年前にすでにジェラートの原型がありました

多くの先人たちの試行錯誤の恩恵が今のジェラートです

 

日時

 

3月20日(土)11時〜17時 残1席

 

料金

25000円

3月まではコロナ対策として2名定員で行なっています。

 

 

コロナ対策

抗菌作用のあるエッセンシャルオイル、アルコールを使用します。

ドアと窓を開けて換気をいたします。

講師もマスクを着用いたします。

試食時以外ではマスクを着用をお願いいたします。

当日でも発熱や体調が優れない場合はお休みをお願いいたします。

 

 


 

 

日本経済新聞土曜特集

アイスケーキのランキング審査員のお仕事

 

2018年夏に日本経済新聞の週末別刷り紙面の「何でもランキング」のアイスケーキお持ち帰り特集の審査委員をさせていただきました。日本経済新社の建物の一室で30個ものアイスケーキを試食し評価をするのは、素敵な経験ではありましたが、過酷でもありました。口が冷え冷えになる中、精一杯頑張って審査評価をさせていただきました。

 

1位になられたのはグラッシェルさんは表参道にある有名なアイスケーキのお店です。美味しいのはもちろんのこと見た目から楽しく華やかでした。新聞では、私のコメント「箱を開くと幸せのボールが飛び出してくる」をタイトルとして使っていたました。

 


 

ジェラート集中クラスにご参加

 

 

 

久我さま 男性 

〜飲食店で提供しているジェラートの質を高めたいとのことでお越しになりました。材料の入手先などもご案内させていただきました。〜

 

ジェラートに対する考え方、基本的な作り方を学び自分で考え作れるようになるために参加しました。

作り方、温度や材料の濃度、酸素含有の違いで、ジェラートの風味が全く別ものになることを知ることができたのは大きな学びでした。レシピだけでなく安全に作ることも学べて良かったです。自分自身が好きなもの食べたいと思うものを作っていきたいというエミーさんの話が印象的でした。

れから新しいジェラートにチャレンジしていくベースの学びとなりました。材料はどのように作られたものなのか、作る上で何を大切にするのか、全体のバランスを考えて作っていけるよう学びを深めていきたいです。

 



 

岸本 知子さま 女性

 〜学ばれたフィトセラピーを様々な形で生かす可能性を考えられてお越しになられました。特にハーブを使ったレシピのアレンジについてお話いたしました〜

 

フィトセラピー(ハーブ)とジェラートの組み合わせができたらおもしろいだろうなと思い、作り方を教えてくれる教室を探していました。具体的には、基本的なジェラートの作り方と茶葉を使ったジェラートの作り方を学びたいと考えていました。

全然スイーツのことを知らない私にも分かりやすく説明してくださって良かったです。

家庭用のミキサーで作った基本のミルクベースのジェラートですが、ミキサーでも十分の美味しく出来ることが印象的でした。温度や空気が入るか入らないかで、なめらかさが全然違うことにも驚きました。

基本的なことが学べたので、分からない事が出てきましたらお聞きしても良いということなので、連絡させていただきます。

今後の自分の目標に、今回のジェラートを是非作りを取り入れていきたいと思います。

 


 

S .Bさま 

〜経営されている居酒屋で美味しいイタリアンジェラートを提供したいという思いで遠くからご参加いただきました。ご自分でレシピ本や教本をもとに作られても納得のいくものが出来ずにいてジェラート教室を探されていたというのことでした〜

 

居酒屋を経営しています。お店で出すデザート開発のために参加しました。

具体的には、レシピ開発の仕方や、安定剤や添加物の使用方法や無添加のジェラートの作り方を学びたい思いでした。

今まで自分で作って来たジェラートと今回学んだジェラートでは、使われる材料は変わらないのに出来上がりの味や舌触りが全く違いおとどきました。

レシピ本では理解できないことがわかりました。

実際にいろいろなジェラートを試食でき味や風味、舌触りを体験できこのクラスに参加して本当に良かったと思います。

上手に作るコツも学ぶことができたので、もっともっといろいろなジェラートをいろいろ試して作りたいと思います。地元のフルーツを使ったジェラートをどんどん作り、オリジナルジェラートパフェをお店のメニューにしていきたいです。

 


 

H.Tさま 

〜タボラータの料理クラスに参加され最後に出るジェラートを気に入っていただき、いずれ自分で料理レッスンを開催するときに自分でも作って提供できればという思いでご参加されました〜

 

料理クラスの時のデザートのジェラートを家でも再現できればと思い申し込みました。

どのような材料がジェラートに合うのか学びたいと思いました。

参加して、考えていたよりジェラートは奥深いものだと気付かされました。

砂糖の種類によって固さに違いが出たり、なめらかさが変わることや使うミキサーやエイスクリームメーカーによっても空気の入り方、温度の違いで、味や食感の違いが出ることが分かりました。

シャーベットもきちんと計算して、レシピを作ることが大切だと知り、楽しかったです。

 

今後自分が料理レッスンをした時に生徒さまへのニーズに合ったデザートを提供できる可能性が広がりました。

 

 


シュウさま  

〜現在の飲食店の業務内容を変えるための様々な勉強をされていらっしゃる中タボラータにもジェラートを学びにきていただきました〜

 

ジェラート全般的なことと様々なレシピを覚えられそうという理由で参加しました。

知らない食材を知ることができたことがよかったです。

女性は健康を重視しているということが印象的に残っています。

いずれジェラートやスイーツを使い出店しようと思います。

 


MHさま  

〜お子さんがイタリアの旅行でジェラートに出会ったことから大好物になり毎日でも食べたいと言われているので

自宅で作ることができたらという思いで学ばれにこられました。そして、外に食べに行けない方やご友人のために手作りのジェラートを作ることができたらという思いを持ってご参加くださいました〜

 

少人数のクラスで、対面で先生の手元をしっかり見ることができたこと、わからないことを聞きながら学ぶことができ、分かりやすかったです。

 

特別な材料を使わなくても家で工夫して作れるし、ジェラートのベースさえ分かれば思ったよりも簡単にいろいろと応用して作れることがわかりました。

 

今日いただいたレシピで作ってみたいジェラートがありました。自分でもアレンジして作ってみたいと思います。

 

また、今日参加してイタリア家庭料理も学びたいと思いました。

 

 



 

タボラータのジェラートたち

今まで料理クラスの最後のドルチェとして

ジェラートクラスのジェラートとして

カフェ営業のジェラートとして登場してきたジェラートです